朧月夜のとりあえずヤってみよう

版権作品の二次創作がメイン。小説サイトに投稿するまでもない作品をチラ裏感覚で投稿します。

花の慶次を久しぶりに読んで思った事

漫画の「花の慶次」を久しぶりに読んだ。


きっかけは髪を切りに行きつけの理容室に行った際に物凄く混んでいたからです。


その理容室はオーナーが漫画好きなのか、待合室には少年漫画が大量に置いてある。


たぶん大手週刊誌月刊誌から刊行された単行本はほぼ全て網羅されているんじゃないかしら。


とは言え普段あまり漫画を読まない私ですが、この時は2時間待ちくらいの勢いだったので、何となく目の前の本棚にあったのを手に取った訳です。


それが花の慶次。


で、読んではみたんだけど、京都にいるくらいまでは面白いんだ普通に。


まあ原哲夫の作品であるし、北斗マニアな自分としても読みやすいってのはあるけれど。


でもね、琉球編でやっぱり面白くなくなってしまった。


まあ私、この花の慶次の漫画以前に、この原作にあたる小説「一夢庵風流記」って作品とその作者が書いた他作品が大好きな訳。


作家の名前は隆慶一郎と言い、代表作は「影武者徳川家康」とかですかね。


彼の作品では宮本武蔵に育てられた捨て子の男が吉原で柳生一族と暗闘を繰り返しながら総名主になる「吉原御免状」


上記の影武者徳川家康、それに後水尾天皇の事を描いた「花の火の帝」という作品があり、それぞれ全てが関連した設定を用いている。


共通しているのは、吉原という遊郭の名主の存在と、徳川家康は実は関ケ原で早々に戦死しており、東軍の士気を下げる訳にいかぬと幕僚たちが家康にうりふたつの影武者である”世良田二郎三郎」を家康としてたてて行くと言う流れ。


慶次は関ヶ原の随分前の人間であるが、道々の輩として作品内で描かれている流浪の民たちと交流し、これを助けている。
吉原の名主はこの一族だ。


つまり戦国時代初期から江戸時代初期までの一連の史実を、隆慶一郎視点で痛快娯楽時代劇に仕立て上げ、その枝葉枝葉でいくつもの作品を産みだしたと言う訳だ。


なので結局私は最初に手にした吉原御免状を読んだ後、全ての関連作品を読む事になった。


もっとも、色々と面白くなってきた所で作者が亡くなってしまい未完となった「花と火の帝」は本当に残念ですが……。



話しを戻します。


つまり原作が大好きな私から見れば、マンガ花の慶次の琉球編などつじつまの合わない謎の話なわけですよ。


だってね


そもそもこれは、秀吉の朝鮮出兵をなんとか止めたい石田三成が、傾奇者の前田慶次ならどうせきちんと見聞なんか出来ないだろうし、結果酷い報告が上がり、関白を止めるための材料になるって魂胆で慶次を朝鮮に送った話しなんだよ。


これは史実の朝鮮出兵にからめた話であり、帰ってきた慶次が三成の思惑には乗らず、されど三成を落とす事無く関白を満足させたってエピソードの伏線でもある訳だよ。


でもこれが琉球で? 


イスパニアが襲ってきて?


何の話やねん。


その後戻って原作の流れに強引につじつま合わせるんだけど、間抜けにも程がある。


でもこれはさ、別に原哲夫が悪い訳でもシナリオ担当の麻生さんが悪い訳でもないんだな。


単純に集英社の編集サイドが、当時歴史認識で揉めていた教科書問題もからめ、韓国とかに配慮しましょ的なクソ間抜けな采配したからに過ぎないんだわ。


いやね、色々あると思うよ。


基本的に小説ってのはさ、特に時代小説は当時の風俗とか風習を重視するからさ?


現代では差別用語と言われている言葉が大量に出て来たりするからさ。


例えば座頭市でめくらの按摩とかさ?


でもそれは、作者が作品を通して誰かを扇動したいがためのプロパガンダをやりたくてそう書いた訳じゃあない。


単純にその現場では当たり前に「このめくら野郎が!」とか言ってるんだろうよってだけ。


きっとその人物が後に違う常識に触れて、めくらは盲目の人が可哀想ってなれば言わなくなるんだろうよ。


私も子供の頃に住んでいた団地では、低所得者の団地って事もあり、身体障碍者が山ほどいたし、それを親たちは「あそこのカタワの家はいつもうるせえなあ」なんて会話してたよ。


それの是非が云々って事じゃ無くてさ、そう言う文化の中のシーンをフィクション作品で描く場合、そう言うセリフが出るのは仕方ないって話しでさ。



まあ何を言いたいかと言えば


集英社は本を出す企業なんだからさ、表現の自由って言葉をもっと勉強した方がいいよって話。


まあエース編あたりでワンピを切った以降、私はジャンプ作品を一切見なくなったのでどうでもいいのだけど――――。


まああれよ。


変な改変というか、娯楽作品に政治を持ち込むなって事。


そうせざるを得ないなら、原作冒涜になるからそもそもその作品を漫画化するなよサルゥ!?


あとジャンプ漫画は長すぎ。


童貞は遅漏を男のアッピルポイントと勘違いしているが、遅漏って女から一番嫌われるからね。


適度な時間で同時にフィニッシュできて、回数出来る方が女は喜ぶから。


たぶんこれ、漫画も一緒。


拡げた風呂敷をいい塩梅できちんと畳んでフィニッシュ。


これよ理想は。


まあそういうこと

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。