朧月夜のとりあえずヤってみよう

版権作品の二次創作がメイン。小説サイトに投稿するまでもない作品をチラ裏感覚で投稿します。

ビンタとイジメと体罰と。

 ジャズプレイヤーの日野皓正さんが若年層をメインにしたジャズフェスティバルにおいて、ドラマーの少年に髪を掴んで往復ビンタをした件が話題になりました。


 このニュースというか、ネットでの素早い拡散の結果、私も知った訳ですが、何というか現代らしいくだらないニュースだなと言うのが正直な感想です。
 思う所はありますが、それは後述します。


 現在このブログを書いていますが(9/3 日曜日夕刻)、いま【日野皓正】でグーグルで検索すると、トップの方にはいくつかの関連項目が出ますが、それをいくつか羅列しますと、


・日野皓正”ビンタ騒動”の~~


 これが含まれたニュースタイトルが出ます。


 ビンタ騒動、騒動にしたのは報道側や現地の客がSNSで拡散した結果であって、なんなのビンタ騒動ってネーミングは。
 これだけだと、日野皓正がただビンタをした誰かに、というだけの情報しかなく、その経緯などは分からない。
 まあ昨今の大手新聞でもタブロイド判のゴシップ誌と同レベルでしかないので、ネットだから下劣とか作為的とか言える訳ではないですが。


 正直ね、こんな出来事ニュースにするほどのことか? って話なの。
 もしこれが、日野皓正が悪質なだけなら、本人も両親も訴えるなり刑事事件にするなりすると思うんだ。
 これがもし自分の身内だったなら、いい大人がただ暴力を奮ったってだけなら絶対に許さないよ。


 だからね、もしこれが問題があったならそう言う事件として話が進む訳。
 それを当事者も親もそれをしなかった。これが答えなんだよ全ての。
 ましてこれは密室の話じゃない。
 密室なら自分のブランドに傷が付くから金で勘弁してとか言う下種の勘繰りも出来るんだけど、SNS云々関係なく、これをリアルタイムで見ていた観客がいたんだからさ。


 もしね? これがトリオ程度に日野皓正がゲストとして入ったなら日野はキレたりしなかったよ?
 でもこれは日野プレゼンツって冠で、若い人にもジャズを楽しんでもらおうって趣旨のイベントなの。
 バンドのメンバーもその趣旨を知った上で公募されて集まったんだわ。


 そうなるとセットリストも事前に当然決定した上で、事前練習なんかもやってんでしょ。
 当日はイベントなわけで、進行手順もあらかた決まった上でやってんだ。


 そこで子供がソロで気持ちよくなってアドリブかました挙句、そろそろやめなよって段階になってもむしろ周囲を煽って続けた訳。
 そこで往復ビンタをした訳だが、悪いけどこれに良いも悪いも言いたくない。
 これは当事者が決める事でさ。


 道徳的、感情や心情的には日野が悪いとは思わないよ?
 俺もきっとやるから。
 てめえ人の仕切りでやってる流れ無茶苦茶にしやがってこんガキが!
 ってなるわ。
 
 バーでアドリブ上等のフリープレイやってんじゃないんだよねこれ。
 企業も関わったフェスなんだよ。自治体とかも関わった。
 だから主観としては日野も大変だなあ……。
 ガキも悪乗りしすぎ! ってのが感想だ。


 けれど日野皓正は公的にそれなりに認知されている人間だからさ。
 そこが露呈した以上、なんらかの白黒はつけなきゃいかん。
 でもそれは当事者同士がどうするかってレベルに収まる話で、世論も芸能人の意見なんかハナクソ程度の物でしかないんだと思うんだよね。


 つまりは大事に無理やりにしたのは報道と拡散したバカであって、それ以上でもそれ以下でも無い特に考える必要も無い案件だと思う。


 なぜそんなドライな感じになっているのかといえば、それはただ1つ。
 ことイジメや体罰に関わる事で、他人の意見はクソほども役に立たない事を俺が身を持って知っているからだ。


 もはやブログや小説などでは私と言う一人称を維持していたのに気が付くと俺と書いている時点で、この手の話題を考えると無意識にイラつくんですよねえ。


 私は前回の記事でサッカーの事を書きましたが、小学校の時にサッカー少年団に入っていました。
 入団は3年生からです。
 でもね、他の団員は1年生からやってたのよ。


 そうなるとムラ意識が強くてさ、新参の私がそこそこ運動が得意だったので、割と要領よく技術を上げて行ったんです。
 私のポジションはFWで、左利きってのもあって左ウイングってポジションをやっていた。


 元々はFW候補が何人かいて、スタメンを選ぶ際にレギュラーが呼ばれる訳だ。
 で、私は市大会のメンバーに選ばれた。
 そうなると当然、元レギュラーに恨まれ、それ以降私へのイジメが始まった。


 当時私は脚が速くて脚力も強かった。
 その反面、身長が団員の中でかなり小さい部類だった。
 すばしっこいネズミみたいなもんだね。


 そして練習が終わった帰り道、他の団員に囲まれ、ネチネチとイヤミを言われ、ただ私は臆病だったし、10人からに囲まれるのが怖くて何も言い返さなかった。
 それが1年くらい続き、そのうちコイツ何もしねえなと思われたのか、サッカーシューズの入っている袋で殴られたり、ボールをぶつけられたり、試合でも練習でもパスが回ってこなくなったりした。
 さらにはスタメンからも外された。私は仕事をしないプレイヤーと顧問に認定された訳だ。


 それはかなりエスカレートし、6年生になるころまで続いた。
 自分をだましだまし耐えながら、親にも相談できず、顧問でクラス担任だった男には相談したが一切対応してくれなかった。
 けれど意地っ張りだった私は、意地でも辞めなかった。
 理不尽な想いをしているのに、辞めてしまったら負けたみたいで嫌だったのだ。


 連中も狡猾だった。
 顔には絶対やらない。
 背中とか腹とか太ももを殴る。
 例え変なアザがついたとしても、サッカーはかなりラフな競技だから不自然でも無い。


 けれど私の精神は限界に来ていた。
 今の世だったら不登校でニートになっていたろうな。
 まあでもギャグかよってレベルでうちは貧乏だったから出来ないけれど。


 で、限界になるとどうなるかといえば、よく分からない。
 身体が勝手に動いた。
 その頃もなれば私の身長も150後半になっており、さして小さい訳でも無い。
 それに加え、クソみたいな団員に負けたくないからと彼ら以上にトレーニングをしていたしね。


 それでプツンと切れた私は、それまで一回も喧嘩の経験も無いのに、無言で自分のシューズを利き手にハメると、ヘラヘラ笑っていたボス格の男の顔面を思いっきりブン殴った。
 
 小学生の喧嘩って見た事あります?
 せいぜいバシバシ叩き合うか、組みついて転がりまわる程度なの。
 でもこの時の私は、いま冷静に思い出してみると、こいつら全員殺してやるって気分だったのね。
 この瞬間は社会的な道徳とか一切トんでいた。
 
 相手も驚いたんだろうね。
 一発で仰向けに倒れたその男の顔面をカカトで何回も踏みつけ動けなくすると、次々と周囲の人間を同じ様にしていった。
 まさか反撃するとは、ましてその反撃がここまでエグいとは連中も想像だにしていない。
 その証拠に、どんどん仲間が沈んでいくのに逃げもしない。
 びびりすぎて硬直してんだ。


 残り3人くらいになった位かな、2人が土下座し、最後の1人が逃げ出した。
 私はまず逃げた男にとびかかり、髪を掴んで引きずり倒すと馬乗りになって気絶するまで殴った。
 で、土下座した2人に向かって近くにあったビールケースを手にして戻りかけた所で、会社帰りのサラリーマンに制止され羽交い絞めにされた。


 これで我に返った私は家に帰り、手足が血だらけな事におどろいた両親に3年生から続いた事の顛末を号泣しながら告白した。
 
 当然これは学校を巻き込んだ大事になる。
 連中は親に訴えたんだ。
 いきなり俺がキレて襲われたって。


 でもうちの両親はそれを一蹴した。
 割とうちの親ってドライな所があってさ。
 親父が言ったんだ。


「お前らみたいなバカ親とは話したくも無い。水掛け論に使う時間も勿体ない。私は息子を信じているが、それはあくまでも主観でしかない。ならば警察に介入してもらい、弁護士も立てて徹底的にやりましょう。悪いが私もはらわたが煮えくり返っているので、中途半端に貴方たちを許す気も無い。その結果うちの息子が黒なら、私は息子の頭を丸めて寺に入れます」


 って凄まじく平坦な声でね。
 すげえな親父って俺泣いちゃったもん。
 自分に負い目が無いなら別に痛手なんか無いんだぜって言う主張はすごいと思う。
 うちくっそ貧乏だから裁判費用なんか無いんだけど、それを後で聞いたら、「借金なんか10万しても1億しても変わんない。どっちにしろ働いて返すしかねえだろ。なら辛いの一緒なら、別にいくらでも借金したるわ」と男前な返事が返ってきた。


 なんでこんなサッカー狂いの呑んだくれに母親が惚れたのが謎だったが、この一連の発言で、男気あるんやな~と知ったのだ。


 で、結局は親父の剣幕に負けて、ブルッた一人のガキが泣きながら全員で口裏合わせ増したと暴露。
 イジメを何度か相談していたのにスルーしていた教師は担任外され、その後風評に耐えられなくなったのか退職。


 でもまあ俺、いや私とすればサッカーが気持よくできればそれでいい訳で。
 なんでもうこういうのはやらんでくれと約束させたうえで手打ちにしたよ。
 その後親分みたいな扱いをされて気持ち悪かったけれど。


 でも子供の社会ってそんなもんで、ケリさえつけば元鞘に戻れるんだよな。
 問題は公平なジャッジが下されるか否かであって。
 
 私は運よく自分でイジメを跳ね返した。
 でもこれは同じくいじめられている他人には当てはまらない。
 これはレアケースなんだよね。


 じゃあのキレた一件が出来ない私だったら、きっとその内自殺でもしてたんじゃない?
 虚勢もいつまでも張れないよ。


 このイジメの構図ってので一番タチが悪いのは、イジメる理由に然して特別な理由が無いって事なんだ。
 そしてイジメられる側を選ぶ際に、確実に反抗されないだろうと見越している点も付け加える。


 貧乏だから、嫉妬したから、天然パーマだったから、色々あるが凄まじくどうでもいい内容だ。
 逆に、殺意を覚えるレベルでの理由があるなら、きっとそれはイジメじゃなくて復讐とかそう言う話になるだろうし。


 だからイジメの本質はかなりふわっとしたもので、自分のストレスのはけ口でしかない訳。
 だもんで知識人がしたり顔で「イジメとは~」とか「体罰とは~」とか語ってるの見ると胡散臭い気分になるのよ。


 あのね、ティーンのイジメを本気で無くしたいなら、まず学校中に監視カメラを設置しろ。
 構内の全ての音を録音しろ。
 勿論トイレの中まで。


 プライバシー? ねえよそんなもん。
 ガキがなんでプライバシー主張できんのそもそも。
 
 昔は体罰が正当化されていたとか言いたくないよ?
 昔は昔、今は今、常識の概念も違うのに同列に語れる訳ねーじゃんそもそも。
 
 要は今の学校、特に義務教育期間がまともに機能してないのは、学校をこんなクソみたいな場所にしたのは親や社会だって事よ。
 いや日教組とか思想活動に傾倒したバカ教師も悪いよ。
 でも規約で雁字搦めにしたのはバカな親やマスコミでしょ。


 何か問題が起きたとして、それの多くの原因は当事者の生徒がアホだからなんだわ。
 故に体罰は発生する。
 ガキが悪乗りして暴走した時に言葉が通じないの知っています?
 アンタらの可愛い子供もそうなのよ。


 ここで全部話を聞いてやった上で、お前は間違っているって断じるのが本来の教師の役目。
 それは解釈しようによっては恫喝って論点をすり替えられるのよ。
 
 よく未成年の女の事とヤっちゃって大問題になった芸能人の報道とかで、いかがわしい行為を働いたとか淫行をしたとか言うみたいにね。
 
 いかがわしい行為ってなんやねん。
 お前ら子作り以外のセックスしないのか。
 自分がフリーならナンパしてセックスしたいとか若けりゃあるでしょ。


 淫行? なにそれ。
 そいつはベッドに連れ込みセックスしたかもしれない。
 車でドライブしながら物陰でフェラチオさせたかもしれない。
 どれの事だよ。


 結局言葉ってのは方向を変えればどうとでも解釈出来る訳だ。
 教師の説教も体罰や恫喝にすり替えられるんだ。
 その結果ことなかれ主義な今の学校制度が出来た。


 結局受験戦争に勝ちたいだけなら、そもそも学校ってシステム自体が破綻してんだよ。
 波風たたずに卒業して、高校では進学校に入る。
 義務教育期間なんてそんなものに成り下がっている。


 ならね、何か問題起きた時にギャーギャー騒ぐのがおかしいって言ってんの。
 もっと事務的にやろうよいっそ。
 全部録画、録音して、イジメらしきものが起こったらすぐに司法の手に委ねる。
 これで後腐れないよ。
 法によって白黒つくんだから。


 憶測も邪推も通用しない。
 だって皆が納得できる証拠があるんだから。
 モンスターペアレントも、隠蔽体質の学校もこれで消える。
 
 そしてもし悪質な苛めを行っていたなら、結果的に社会的制裁を受ける。
 こんな前例出来たら、割に合わなくてイジメなんか出来んよ。
 それでいいじゃん。
 
 もしね何も疚しい事が無いのなら、録画も録音も気にならんでしょ。
 人の目隠れて煙草がすいたかったり彼女とキスがしたいなら学校の外でヤれ。
 これで解決なんだよなあ。


 何というかイジメや体罰で議論しているのがそもそもおかしいんだって気付こうよ。
 加害者と被害者がいて、そこに大人の社会なら傷害事件や恐喝の案件になるのがイジメの中身だよ?
 これだけのネット社会でさ、子供らしからぬ知識もみんな簡単に知っている。


 そこのお父さんとお母さん、貴方の子供のスマホの履歴見てごらん?
 ユーチューブのコメント欄で酷い書き込みしてませんか?
 そう言う事が往々にしてある。


 ならね、大人の道理で処理しましょうよって話。


 よく子供の将来が~とか言うんだけどさ、イジメ一つで何も悪い事をしていない子供の将来を奪ってるかもしれんで?
 イジメが原因で自殺したと思われる事件、過去十年くらいにさかのぼって検索してみなよ。いくらあるか。
 笑っちゃうぜ? これで加害者のガキがのうのうと少年院出た後人生を謳歌するんだから。
 死んだ子供返ってこないんだが、それでも将来だの更生だの面と向かって言えんの?


 本質が違うんだわ論点の。
 これがまず起きた前提の話じゃ無く、起きない為の方法を論じろって話なんだわ。
 表ざたになった時にはもうどうにもならないところまで来てたりするの。
 
 なら現状で抑止力になる物が一切無いのが問題だって話。


 なので日野皓正の一件にしても、本人同士の話で他人が出る幕が無いってのはそう言う事。
 
 話はズレるけど、死刑を反対している弁護士グループがこんな事を言っていた。
 人の生死を人が裁いていいのか!
 すげえブーメラン刺さってるよねこれ。
 身体を張ったギャグだろ。


 法を持って社会コロニーを形成しているから人間は獣じゃ無くて人間でいられるんだよ。
 法ってのはルールで、そのルールを破ると破綻するよって事でさ。
 人を安易に殺したら、極論北斗の拳の世界になるよね。
 
 南斗の1人であるシンが、「力こそが正義!いい時代になったものだ 勝者は心おきなく好きなものを自分のものにできる!」


 ルールがなければこうなっちゃう。
 故に人を殺してはいけません、人を犯してはいけません、人を欺いてはいけませんってのは、幼稚園児の道徳にも混ぜてある。
 
 これって六法全書も日本国憲法も関係なく、物凄い真理だと思う。
 自分の物では無い人様の物を勝手に奪うなんて下劣な行為であり、人間社会というシステムに対しての挑戦なんだわ。
 
 なんで人を利己的な理由で殺した時は、一切の擁護ができんと思うのよね。
 少なくとも死んだ被害者には家族やその人を愛する誰かがいたんだから。
 そこに法律家ってだけで関係の無い他人がドヤ顔で上記の宣言をするって滑稽だよ。


 イジメ問題もそうだけど、スポットライトを被害者に当てようよそろそろさ。
 そうしないと本質が絶対にボヤけるから。
 
 犯罪もイジメも質は一緒なんだよ根本的に。


 それに共通しているのは、被害者からすればたまったもんじゃないって事。


 日野の一件にしても、当事者と当事者の父親のインタビューを見ればよく分かる。
 社会的な是非がどうであれ、父親と本人が納得した時点で、あのビンタは体罰じゃなく、教育的指導になったって事だ。
 それで本人達が納得しているのなら、外野がとやかく言う筋合いが無いって事。


 下種の勘繰り、これが多くの一般人が当たり前と思っている感情の本質だと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。