朧月夜のとりあえずヤってみよう

版権作品の二次創作がメイン。小説サイトに投稿するまでもない作品をチラ裏感覚で投稿します。

二次小説インデックス

原作:ガールズ&パンツァー


タイトル:俺と君の間にある壁の上で一緒にリートを奏でよう


あらすじ:一般家庭に産まれた吉岡啓二はひょんなきっかけからフランスパンに憑りつかれ、衝動のまま渡仏すると現地のパン屋で修行をしてパン職人になった。
帰国した彼を待っていたのは大好きだった祖父の死。奇しくも祖父は地元密着型のパン屋を営んでおり、その店を啓二に譲ると遺言を残していた。
母親に言われ祖父の家がある熊本へと彼は向かった。


そして祖父の店を継ぐことを決めた啓二は、店で使う食材を仕入れる先の場所でとある少女と出会った。
真面目で融通が利かず不器用で頑固、だが誰よりも優しい彼女を知り、啓二は随分と年下である彼女への想いに気が付く。


年齢、家柄、空回りする気持ち。
2人の間に立ちはだかる社会的な常識という名の壁。
それを壊す事は果たして可能なのだろうか?


※ハーメルン様にはガルパン恋愛モノでかなり秀逸な作品があります。
私が知っている物ではダージリン、カチューシャとのカップリングの話ですね。
これらに共通する素敵なポイントとしては、極力原作の雰囲気を維持しつつ、そこに不自然にならない様な恋愛を盛り込んでいる所。


ぶっちゃけそれらに触発されて書きたくなった。
プロットはフィナーレまでありますが、書ききるかはまた別の話。
毎日決まった量を書ける職人モノカキ村上春樹先生の足元にも及ばない怠惰な人間なので。


第一話:http://hazymoon.muragon.com/entry/11.html


第二話:http://hazymoon.muragon.com/entry/12.html



原作:Fate/ Grand Order


タイトル:TSして藤丸立夏になった男だが、好き勝手にやってたら某ぐだ子みたいになってた件


あらすじ:1人の一般的サラリーマンが不思議な場所に誘われる。そこに待ち受けていたのは白いローブの青年。青年は己を魔術師だと名乗り、1人の女の子を救えと言う。
非日常な景色、異次元とも思えるそこで、サラリーマンは困惑する。
しかしこれは決定であった。それは青年か、或いは世界の。
結果、男は魔術師の手によりどこかの世界へと飛ばされた。


その先で男は女になった。藤丸立夏という日本人の少女に。
男は性別への苦悩と戦いながらどうにか自分に折り合いを付けたが、しかし世界はそんな彼女に優しくは無かった。
有無を言わさずに運命という名の呪いは彼女を飲み込む。
しかし彼女は非力な自分のまま、その呪いに抗う。
1人の少女を笑顔にしたい、ただそれだけのちっぽけな動機で。


2人を待つ運命は如何なるものなりや?


と、大層な事を書いてはみたが、変態紳士の男がFGO世界にTS転生憑依モノ。
とは言えコメディ要素は殆どなく、チートも特殊能力も無い一般人がぐだ子の立場になったらどんな目に遭うか、そんなシミュレーション小説っぽいナニカ。


第一話:https://hazymoon.muragon.com/entry/1.html


第二話:https://hazymoon.muragon.com/entry/2.html


第三話:https://hazymoon.muragon.com/entry/3.html


第四話:http://hazymoon.muragon.com/entry/6.html


第五話:http://hazymoon.muragon.com/entry/14.html

雑事・国会が解散するらしい

解散するらしいよ?


へぇ……って感じだね。


やるのは構わんけどね。


個人的な思想というか政治意識ってのは多分、若干保守寄りなんだよね。


自分で商売やってるとどうしてもそうならざるを得ないと言うか、野党というか日本のリベラルは商売人にとっては無能しかいないから支持出来る訳が無い。


日本の政治がどうであれ、日本が生きていくための大前提は、経済を基盤としたモノになる訳で、それは日本にはまともな資源が出ない関係で、日本の近隣諸国から兵糧攻めに遭えばその時点で詰みって事情があるからだ。


そこにね、共産党とか旧社会党系の政党の掲げている公約ってのは、耳障りがいいとか、ただの理想論で、リアリティが無い訳。
ましてそこに強烈なリーダーシップも感じない訳。


そもそも大人の社会は結果が求められるシビアな場所で、そこにね、学生運動の延長みたいな事をやってる連中ってのは害悪でしかない訳さ。


そうやって消去法をしていくと、結果的に自民寄りにならざるを得ないってのがワタクシの本音。


他に頼むところが無いんだよって切実さしかないんだよ。


結局のところ日本は太平洋戦争でこっぴどく負けて、んで現在に至る。


どう足掻いてもアメリカに依存しないと成立しない。


でも一応独立国だからさ、国としての自己主張はきっちりやる権利は在る訳だ。


でも日本ってのは玉虫色の外交しかしない。いや正確には出来ない。


それは日本の敗戦で終わったあの戦争の事を未だに現代に引きずっているからだ。


確かに戦争は悲惨だよ。


日本には欧米と戦う理由はあったからやったんだけど、それと戦争被害は別の話。


まあここであの戦争に正義があったかどうか重要じゃない。


戦争は関わっているどの国にも自国の正義はあるんだからさ。


勝った側にたった時、戦利品にありつく権利が発生し、強い発言権を手に入れるってだけで。


それこそヒラコーの漫画、ヘルシングのミレニアムの様にさ、戦争自体をしたいがために他国を蹂躙したなら問答無用で悪でいいんだろうけれど、そんな理由で戦争している国なんか無い。


実際戦争なんてのは総力戦に近いほど、自分のマージンを投げ捨てるかのようにマイナスしかないのだから。


日本がそもそも戦争に負けた理由の多くは、兵站、つまり補給が出来なくなったことだ。


どれだけ高性能な兵器があろうが、それを動かす為の燃料弾薬がなきゃただの鉄くずだもの。


米が日本に油を入らなくした時点で日本の負けは確定したのだ。


米の凄い所って要はとんでもない物量だもんでさ。


例えば第二次大戦当時、米が作ったM4中戦車。シャーマンって名前が有名だけど、これ5万台近く作ったらしい。


プロトタイプって言うか、実践配備が確定していない試作機ですら数百台とかあの時代に作っちゃうのがアメリカ。


この恐ろしい兵站能力に勝てるわきゃないのよね、冷静に見れば。


まあ当時は情報を得ること自体が軍事の範疇だもんで、例えばこのシャーマンの場合「M4中戦車 生産台数」とワタクシは検索して調べたのだけど、現代はこうやって誰でもある程度の情報はいつでも手に入る。


この視点で見ると、当時の日本には悪いけれど、勝てない戦争をやっていたんだなぁと容易に知れる訳だ。


まあいい。


大事なのはあの戦争は事実としてあるけれど、だからといって現在の日本が独立国として存在している事になんら関係ないって事。


それはそれ、これはこれなんだよ実際。


じゃ逆に言いたいけれど、どうすればアジア界隈で日本は許される訳?


ごめんなさいって言えばいいの?


じゃ言ってやんなよ好きなだけ。ごめんなさいってさ。


でも金は出さないよ? そんな義理ないもの。


要はこの事をネタに内政干渉は許さないよって言う毅然とした態度が必要って事。


その上で安部内閣が解散するってんだから、「この解散からの総選挙を行う際、憲法改正に着手する事を支持するなら自民に投票してください」くらい言わなきゃ、なんで解散するんやこいつらとしか思えんのだ。


集団的自衛権とか自衛隊が違憲だとか言ってるけどさ。


その議論がナンセンスだって思うんだよね。


自衛隊ってのは本来国防軍とでも名称されてなきゃおかしい組織だ。


だって彼らの存在意義は日本国の国土と、国民自体を護る為の集団なんだわ。


平和な茶の間からわーわー言ってる左翼ですら、有事の際には盾になる。


なのに憲法では違反だからっていつも懐疑的な目で見られる可哀想な集団だ。


彼らが可哀想な所は、政治によって存在が左右され、でも現実的には民主党菅政権時に派遣が決定され、野田内閣時代に実際に派遣した南スーダンへのPKO。


現地はさ、正直何があるか分からん危険な場所でもある訳。


でも自衛隊はやべえってなっても先制攻撃出来ないから、発砲しない限りは無駄死にするのが確定な状況で行かされている訳だ。


PKOは国際連合の平和維持活動の一環として行う国際協力で、国連加盟国ならばある種仕方ない事なんだよね。


偉そうな口だけは叩くけど、血は流さないってのはその円卓に座っている資格を疑われるからね。


でもさ、実際現場入りしている自衛隊は下手すると死ぬ可能性を秘めながらも、違憲だからってんでどうしようもない。
その癖、普段からまともに税金払ってるかも怪しい自称・活動家とか市民団体に叩かれ続ける訳だ。


これを悲惨以外の何物でも無いでしょ。


でね、2017年に撤収しますってんで、これに関わる日報が破棄されたけど実際はありましたとか言うのも問題になった。


自衛隊には隠蔽体質がひでえとか言われちゃってさ。


あのね、本来軍事活動に関わる一つ一つの、それがたとえ小さな事だとしても機密なの。


いや、機密であって然るべきなの。


そこに隊員の名前でも出てたらさ、極論かもだけど逆恨みされて殺される可能性を孕んでいるんだ。


この辺は非常にデリケートかもだけど、ただ知る権利があるからってんで暴いていい事柄じゃあない訳だ。


そらデリケートな部分は黒塗りになるよ。当たり前でしょ。


そこを責めるのは意味不明だ。


まあね、こんな風になんかするたびに叩かれるのが可哀想って事だ。


じゃあね、一度憲法ってのは変える変えないは国民の判断として決まるとして、公にきちんと議論しなきゃいかんのよ。


著名な学者さんに言わせると、本来憲法とは時代に沿う様に定期的に修正すべきって意見がある。


つまり戦後に出来た日本国憲法だけれども、現代と事情も常識も人々の生活スタイルも違うのだから、んじゃあ現代にあってますかって議論する事に何の問題も無い。


むしろタブー視されている時点で独立国家としてどうかしている。


なのでただ膨大な予算をかけて総選挙をやるとして、ただ今は追い風だから単独過半数取れる様に解散するんだが本音なら、ワタクシは今回どこにも入れない。


現野党のどの党にも元々入れる気は無いので、自民がこれやるなら自民にも入れない。


投票用紙にFcuk Offとでも書いて入れるかもね。


該当なし でもいいかな?


ワタクシ的にはこれを機に、きちんと自衛隊を合法化して、ウチの国にいらんことするならきっちりと防衛しまっせって近隣諸国に宣言するべきだと思う。


ほら例の竹島問題にしても、自国の領土だって言うんならさ、あそこに浮島でもつくってだよ、メタンハイグレードとか海底油田開発の基地でも作って実行支配すればいいんだよ。


韓国のあほが来るならきっちり拿捕してさ。


これが侵略行為だとかすり替えするなら、出るとこでてきっちりやればいい。


これを責められる謂れは無いんだよ本来はさ。


じゃお前らも自分とこの領土に勝手に上陸して厚顔無恥にも自分の国やでとか言うのを許すの?それを支持するの?って国連で安部に演説させろよ。


本来自己主張して然るべき事柄を、必要以上に受け身に回って来た今までの日本がおかしいんだっての。


なのでせいぜい安部首相には納得が出来る理由をきっちり宣言してほしい物だと願う今日この頃ですね。


あとはあれだな。


カジノ作るんなら、パチンコも公営ギャンブル化しよ?


朝鮮半島系の色を全部排除してさ、日本遊技関連事業協会とか言う警察の天下り組織も解散させてさ?


パチンコ店の営業は純日本人の日本国籍を持つ人間しか営業免許取れない様にして、国内の大資本を持つ優良企業にガンガン参入させればいい。


営業事態も5割客に還元しようが7割しようが好きにやらせばいい。


資本があるなら5割還元しても維持できる様にやるよ日本企業なら。


現在の2割以下しか客に還元しないスタイルが異常なの。


5割は言い過ぎにしても、4割でも客の殆どはパチンコで勝てるってイメージになるだろう。


パチンコがダークなのは、全てにおいて不透明だからでさ。


JRAみたいな組織を作って管理すればクリーンな営業なんかいくらでも出来るよ。


そもそもかつては2兆円の売り上げなんて言われてた産業だぜ?


ここからきっちり税金搾れるなら、国の財政にも良い事だろうし。


パチンコ台やパチスロ台の抽選方法とか確率を決める基準になるのは射幸心が煽られるかどうからしい。


あのさ、ワタクシは競馬が好きだからやっているけれど、公営ギャンブルである競馬だって射幸心煽られまくりだよ?


うちは生活を傾けるほどの事はしないけれど、週末になると競馬をしないと落ち着かない中毒者だぜ?


これで金の無い人間が同じ事やれば、パチンコと変わらん悲惨な目に遭うよ。


結局のところ、確実に勝てる方法なんか無い訳で、だからこそギャンブルなんだわ。


ならパチンコ業界がヤクザとかのシノギの温床になるってんならね、きっちり透明化して国が管理すればええやん。


結局、戦争関連の事で国の内外の諸問題に対してきっちりとした態度をとらない限り、いつまで経っても日本には外国人の問題も延々と解決されないまんま付き纏うからね。


別に日本人として単一民族を通すなんて思想は無い。


けどね、日本の迷惑なる連中を日本人のフリして住まわせているのが気に入らないだけ。


アメリカも移民大国だけど、国籍に関してはきっちりしている。


国籍があれば誰もがアメリカ人! って認めるけれど、それ以外の外国人には参政権を絶対に与えない。


この辺もきっちりやってほしいね。


日本が嫌いな二重国籍所持者は母国に帰って、どうぞ。


まー何というか、安部には頑張ってほしいとは思っていると言いつつ今回は締め。

芸能人の不倫話と夫婦喧嘩とか

 先日久しぶりに結構な規模の夫婦喧嘩をした。
 基本的にうちの夫婦は喧嘩をしないが、ごくたまにするとこうなる。


 というのも私は言い争いが酷く苦手で、その手の気配を感じた時は機先を制して対処してしまうので喧嘩に至らないのだ。
 確かに夫婦喧嘩をたまにする事はいい意味でもわるい意味でもガス抜きとなり良い事なのかもしれない。
 ただ自分が元々面倒臭い性格をしており、本来は結婚なんか一生しないでもいいと考えていた人間である。
 その根本が人付き合いを嫌っている事と、協調性を求められるシーンでのストレスが酷いと感じる性格だからだ。


 詳しくは幼少時の肉親関係において、血のつながりがある事の醜い部分を嫌って程に見たことにより、家族、特に親戚という関係に絶望した事に起因するが、書いてしまうと非常に見苦しいので割愛する。
 ただ血の関係に依存した上で人を人とも思わない身勝手さを発揮すると言う部分が私には絶対に許せない事であり、それを孕んだ人間関係に恐怖心すら持っていると言う事実だけが現在も影響している。


 男女の恋愛関係は嫌悪してはいないし、学生の頃から時折そう言った関係を持つ事はしていた。
 それは勿論プラトニックなだけの淡い恋愛だけではなく、人目をはばかる様なセックスを含んだ物で、とは言えなんら特別な事では無く誰もがそうだろうと思う。


 ただしそこから結婚という新たなステージに進むと言う選択肢が私には考えられなかっただけだ。
 大人になってからの恋愛相手に対し、私はそれを隠す事無く告白した上で様々な行為に及んでいた。
 
 ただ大人の女性と言う物はデリケートな存在であり、物理的な問題として、ある程度の年齢までに子供を作らないと高齢出産は危険である。
 それがあるからやはり、付き合う=結婚を意識すると言うのは女性側の視点では当然であり、それを有耶無耶にして恋愛をすると言うのは甚だ不誠実である。
 故に私は最初からそれは出来ないと突っぱねており、その上で関係を結んできた。


 だが私の妻は中々の女傑であり、私のその子供じみた抵抗を全て乗り越え、強引に私の考えをへし折ったのだ。
 人間の価値観はそう変わりはしないが、彼女は私といたいのだから貴方は私に従うべきとかなり強引な論を主張し、様々な私の抵抗を、まるで内角高めのストレートを腕を畳んでスイングしスタンドに放り込む4番バッターの様な清々しい手腕でねじ伏せたのだ。


 エースピッチャーの最高の球をスタンドに放り込まれたなら、そこはもう理屈云々では無く、ただぐうの音も出ない程に敗北したと諦められる、つまりはそう言うことらしい。


 ただしこの私のねじ切れた性格は治る事は無い訳で、それがストレスのかかる波風は絶対に嫌だと言う性癖だけは絶対に曲げない事に繋がる。
 なので妻が不機嫌になりそうな事を察知すると、先回りしてその理由を聞き、それに対して何らかの対処を行う。
 そうなると喧嘩には絶対にならない。


 さてそんな私達が久方ぶりに喧嘩をした理由というのが、芸能人の不倫問題である。
 具体的に言えば斉藤由貴さんのだ。
 どうやら彼女は妻子ある男性との不倫をしていたらしい。
 斉藤由貴さん自身も家庭がある女性だ。


 どうやら妻はこのニュースに関心があったらしく、私に彼女自身の意見を交え話しかけて来た。
 しかし私は芸能人がどこで誰とセックスをしようが至極どうでもいいと言うか興味がない。
 昔はアイドル全盛期だったし、私自身も中森明菜が大好きだった。
 なので芸能人が嫌いな訳ではない。むしろ好きだ。


 とは言えエンターテイメントの世界は少なからず虚構の混じった場所だと認識している。
 例えばアイドルがきらびやかな衣装を着て、多くのファンに囲まれながら天使のような笑顔で皆に愛を振りまくとする。
 ここに何のネガティブな要素はないだろう。


 しかしアイドル本人は人間であるし、糞尿をするし恋愛もする。
 いい大人であるからして、火照る夜には自慰もするだろう。
 ファンの前の完全無欠な偶像であろうが、恋だってする。
 そんなもの当然で、だがファンはそれを敢えて意識しない。
 そこは様式美というか、野暮な事はいいなさんなと進んで嘘を受け入れてるだけだ。
 だからアイドル側も敢えてリアルな日常は見せるなよ?
 そう言う約束事の上で皆が楽しんでいるのだ。


 故に本気でそう思っている人間はどこかしら欠陥があると思う。
 見たくない物を見せられた怒りは理解できるが、狂信的すぎればそれはファンでは無く原理主義の宗教と同じだからだ。


 まあ持論はどうでもいい。問題はその妻の話が私にとっては酷く煩わしかったという事だ。
 タイミングの悪い事に私も最近は仕事を多く抱えているせいで心に余裕が無かったのも悪かったのだろう。
 なので妻の楽しそうに不倫の話をしてくる表情に苛立ち、くだらない話をしないでくれと突っぱねてしまった。
 それが数日に及ぶ大喧嘩へと発展し、不毛な論争が顔を合わせれば勃発する事態に発展した。
 結局は今回に限っては向こうに非がある為、冷静になった妻がごめんねと謝ってきて事態は収束したが。


 この一連の顛末の原因になった芸能人の不倫云々について私の見解を最後にすこし。


 芸能人には有名税と言う言葉があるが、これは彼らの私生活を暴こうとした側の一方的な理論だと思う。


 本来は芸事の部分を商品として提供し、それを客が買う事で成立している商売だ。
 そこに私生活は含まれない筈だ。
 そこを含めて芸能人が形成されていると考えている人間は自分の都合のよい解釈をしているに過ぎない。


 例えば歌手ならば、TVの歌番組で披露する、CD或いはその他媒体で楽曲を販売する、雑誌でのインタビューやグラビアで露出する、どこかの会場でコンサートを行う。
 だいたいこれらが歌手の仕事だろう。
 これ以上彼らに何を求めるのか。
 
 ここに誰々と恋愛をしている、不倫をしているって事柄は関係のない話だと思うのだ。
 それはいわばただ個人の興味や好奇心がそれを求めているに過ぎない訳で、彼らにそれを求めるのは筋違いだ。
 何故なら楽曲を買うのと話しが違い、私生活を晒してもそこに一切の金銭が発生しないからだ。
 プロという言葉は大人の世界においては、自分の技能で金を貰う人間の事を指す。
 その定義から行けば、私生活を覗かれる事になんのメリットも無いのだ。


 勿論中にはワザと自分の痴態をリークして売名行為に使うバカもいる。
 ただそれはそれをする人間も、それを喜ぶ人間もどちらも人間としては底辺であり、人間1人にカウントするのも烏滸がましい下種なので論外。


 話を元に戻すと、そう言ったスキャンダルで得をするのは最近話題の文春砲とか言うのも嫌なのだが、パパラッチと同質下品な連中と、それを茶の間で見て喜んでいるバカだけだ。
 ターゲットにされた芸能人にメリットは皆無だ。
 
 ならば、誰それの不倫で雑誌がこれだけ売れましたってなったのなら、その売り上げの何パーセントかをターゲットの人間に渡してしかるべきだと思う。
 そうじゃなければ理屈が通らない。
 
 これが現実の社会では通用しないからね。
 いやー隣の家が新築でさ、美男美女の夫婦が住んだらしいよ。
 えーそうなんだ、じゃ新婚さんだね。
 普段どんなご飯を食べてるのかな?
 奥さんは綺麗だけど夜はどんなセックスをするのかな?


 そんな風に思ったとして、いきなり面識のない隣人がそれを聞いたらどうなるか?
 多分キチガイとしか思われないだろう。
 でも気になるんだもんって理由で、勝手にその家に入れば警察ざたにもなるだろうし。
 
 なので個人の興味や好奇心なんてのは、他人にとってはなんらどうでもいい話で、興味があるからといって他人に迷惑をかける理由としてはなんら正統性の欠片も無い訳だ。


 普段の自分がそうだったら嫌な事を、芸能人だからというフィルターがかかれば有名税だのといった正当性を主張するのは通らない。
 お前らただの下種だからね。


 斉藤由貴さんが不倫相手とキスをしようが、その相手がパンツ被ろうがどうでもいいんだよ実際。


 じゃ恋人や結婚相手とは皆セックスするでしょ?
 それは誰もが当たり前だと思っている。


 じゃそのセックスの内容は?
 その相手を口説くときにどんな恥ずかしいセリフを言った?
 恋人といちゃいちゃしている時に、普段会社とかでは絶対見せたくない、或いは見られたら自殺したくなるような言葉とか喋ってない?
 
 こんなの誰だってあるでしょ。というか無い方がおかしい。
 悪いがパンツ被るより酷いことしてるやつなんて山ほどいるでしょ。
 
 そんな個人の恥部をね、全部録画して他人に見られたらどうなります?
 私なら海外に逃げたくなるね。
 でもそれって他人を察して突っ込まない最後の一線だよね。


 分かってても聞かない、つっこまない。
 そう言う理性の範疇で対処すべき思いやりの部分なんだよ。
 これを踏み越えたらもう人間関係なんか成立しない。


 結局ね、嬉々として私に向かって妻がネタを振った不倫話、それが許せなくてつっぱねた理由はこう言うことなんだよ。
 それをネタにするマスコミも嫌いだし、それに対してしたり顔で持論をぶつコメンテーターも嫌い出し、面白いと感じている妻の表情も苛立つ。


 私が潔癖なだけかもしれないが、少なくともこういうネタで喜ぶ人間とは絡みたくない、そう思うのです。
 ほんとに生き辛い世の中だなあと思う今日この頃である。