朧月夜のとりあえずヤってみよう

版権作品の二次創作がメイン。小説サイトに投稿するまでもない作品をチラ裏感覚で投稿します。

二次小説インデックス

原作:ガールズ&パンツァー


タイトル:俺と君の間にある壁の上で一緒にリートを奏でよう


あらすじ:一般家庭に産まれた吉岡啓二はひょんなきっかけからフランスパンに憑りつかれ、衝動のまま渡仏すると現地のパン屋で修行をしてパン職人になった。
帰国した彼を待っていたのは大好きだった祖父の死。奇しくも祖父は地元密着型のパン屋を営んでおり、その店を啓二に譲ると遺言を残していた。
母親に言われ祖父の家がある熊本へと彼は向かった。


そして祖父の店を継ぐことを決めた啓二は、店で使う食材を仕入れる先の場所でとある少女と出会った。
真面目で融通が利かず不器用で頑固、だが誰よりも優しい彼女を知り、啓二は随分と年下である彼女への想いに気が付く。


年齢、家柄、空回りする気持ち。
2人の間に立ちはだかる社会的な常識という名の壁。
それを壊す事は果たして可能なのだろうか?


※ハーメルン様にはガルパン恋愛モノでかなり秀逸な作品があります。
私が知っている物ではダージリン、カチューシャとのカップリングの話ですね。
これらに共通する素敵なポイントとしては、極力原作の雰囲気を維持しつつ、そこに不自然にならない様な恋愛を盛り込んでいる所。


ぶっちゃけそれらに触発されて書きたくなった。
プロットはフィナーレまでありますが、書ききるかはまた別の話。
毎日決まった量を書ける職人モノカキ村上春樹先生の足元にも及ばない怠惰な人間なので。


第一話:http://hazymoon.muragon.com/entry/11.html


第二話:http://hazymoon.muragon.com/entry/12.html



原作:Fate/ Grand Order


タイトル:TSして藤丸立夏になった男だが、好き勝手にやってたら某ぐだ子みたいになってた件


あらすじ:1人の一般的サラリーマンが不思議な場所に誘われる。そこに待ち受けていたのは白いローブの青年。青年は己を魔術師だと名乗り、1人の女の子を救えと言う。
非日常な景色、異次元とも思えるそこで、サラリーマンは困惑する。
しかしこれは決定であった。それは青年か、或いは世界の。
結果、男は魔術師の手によりどこかの世界へと飛ばされた。


その先で男は女になった。藤丸立夏という日本人の少女に。
男は性別への苦悩と戦いながらどうにか自分に折り合いを付けたが、しかし世界はそんな彼女に優しくは無かった。
有無を言わさずに運命という名の呪いは彼女を飲み込む。
しかし彼女は非力な自分のまま、その呪いに抗う。
1人の少女を笑顔にしたい、ただそれだけのちっぽけな動機で。


2人を待つ運命は如何なるものなりや?


と、大層な事を書いてはみたが、変態紳士の男がFGO世界にTS転生憑依モノ。
とは言えコメディ要素は殆どなく、チートも特殊能力も無い一般人がぐだ子の立場になったらどんな目に遭うか、そんなシミュレーション小説っぽいナニカ。


第一話:https://hazymoon.muragon.com/entry/1.html


第二話:https://hazymoon.muragon.com/entry/2.html


第三話:https://hazymoon.muragon.com/entry/3.html


第四話:http://hazymoon.muragon.com/entry/6.html


第五話:http://hazymoon.muragon.com/entry/14.html

【FFBEブラキウム】クラウン欲しいだけの攻略【十二武具の間】

前回はホーリーワンド欲しさにシェラタンに挑んだ訳ですが、今回はブラキウムです。


なぜか。それは魔力50もあがる帽子が欲しいからです。


星7覚醒で一番壊れと言われているトランスティナですが、正直運よく覚醒はできたものの、装備がしょっぱいので実戦投入してもウンコでした^^;


ならどうするか。簡単です。いい装備を手に入れるのみ!


ではまず早速ではありますが、撃破したPTをドン



ブラキウムについてざっくりと言うと、


HPを50%まで減らすとやはり変身し、その前後で性質が変わります。


前後半ともに共通するのは闇属性は効かない。


前半は物理が効きにくく、後半は魔法が効きにくい。


加えて後半は火属性以外アホみたいな耐性がギミックとしてある。


あと凶悪なまでの自己バフからの全体攻撃などで殺しに来ます。


それに斬首とか言う即死耐性無視の単体攻撃がたまにきます(精神高いキャラがよく狙われる)


以上を踏まえて方針を言うと、


①前半は魔法で50%までとにかく削る


②変身まではとにかく全員にリレイズを切らさない


③壁による全体かばうを入れるよりもアームズによるデバフ、ヒーラーのリレイズを確実に維持する事


④上記の状況を維持できずに決壊したら詰み。逆に言えば維持できれば時間は掛っても50%まで必ず削れる


⑤変身したらアタッカーに入れ替えて、ワンパンで殺す。以上!


――――――――――――――――――――――――――――


我がPTでの具体的な動き


①前半・耐久魔法パ


壁:バッシュ
>>やることはデバフ入れ続けるだけ


ヒーラー1:フィーナ
>>やることはリレイズ入れ続けるだけ
ヒーラー2:アヤカ
>>同上


バフ・デバフ係:ロイ
>>うちのロイは7覚醒してますが、最終章目指す必要はなく、愚か者のバラッドのみやらせていました


魔法アタッカー:トランスティナ
開幕ケイオスチェインからケイオスウェイヴ×4を放つが、その後は延々と単発ケイオスウェイヴで50%まで頑張る


②後半・チェイン・フィニッシャー&幻獣フィニッシュパ


チェイン役1:たまねぎ
>>火の輝きでチェインさせるだけの簡単なお仕事


チェイン役2:リーラ
>>リーラの真骨頂である精神盛りなんかしてない。両手に火武器持たせてチェインさせるだけ


フィニッシャー:クラウド
>>Wクライムハザードをチェインに合わせるだけの簡単なお仕事


召喚アタッカー:ユウナ
>>チェインに合わせてバハムートを打つだけの簡単なお仕事


????:王子
>>なんでいれたかよく分からん



まとめ:
前半はとにかくリレイズ要員と壁、そしてデバフを重視して耐久するのみだが、後半はいかに火属性チェインが組めるかどうかに尽きる。


火チェイン組める人員がうちだとたまねぎとリーラだったというだけで、他がいるなら誰でもいいんだろうと思う。


ロイの所はラムザでもいいし、どっちもいないならCGニコルでもいいんじゃないかな


大事なのはユウナまたはエーコまたはガーネットに召喚魔法が盛れるか


クラウドの役割が出来るフィニッシャーがいるかなんだろう


他の攻略ブログとかも見たけれど、もっと高度なバフデバフを組みつつ上手く立ち回る人が多いです。


私は面倒くさいのでこんな感じで適当にやりました


幻獣ワンパンのやり方が分からん人は、トルネドやクエイク2人にチェインさせてバハムートを打たせる練習すればいいんじゃないかな木人で。


こつはバハムートを先に撃ち、直ぐにチェイン発動トントントーンって感じ。


バハムートは発動まで5秒とかかかるからね。先読みで打ちつつチェイン要員直ぐに追いかけないと間に合わないよ。


私のパーティでは後半は自分にバフ入れずにやってるけど、チェイン+クラウドの時点で0%になってたので、バハムートはオバキルになってた。


この後にそれぞれのキャラのステ装備晒すけれど、これよりも弱いなら王子のとこにバフ要員いれて盛ればいいと思う。


ミッションは幻獣フィニッシュと30たーん以内撃破はクリアできました。


挑戦回数は前半の事故のせいで5回くらい。


5回目で後半にいってワンパン成功って感じ。


皆もがんばってくださいな。


そしてロイヤルクラウンを装備した我がトラティナさんの魔力が1600弱まで強くなりました。


トラティナはいいぞ



以下PTの装備ステ

トラティナ アビ覚醒はしてる前提よ


フィーナ 装備は適当に


アヤカ 装備は適当に


トラティナ 装備は在り合わせ


ロイ まあこいつもあり合わせ装備ですね


クラウド 大剣込みのいつもの装備だと2000くらいいくけど、今回は火属性必須なので主人公から剥がした剣をって……これ大剣だったの今気が付いた^^;
もっと攻撃上げられた事に気が付き愕然


たまねぎ
デッシュもマーシャルも1セットしかないのでありあわせ
降臨系装備はまじで神だと思う


リーラ 見ての通り火属性装備ならなんでもいいやスタイル


ユウナ 見ての通り召喚魔法盛っただけ


入れた理由思い出した……100%回避でいけんか?とか思ったからでした
結局斬首のターン計算とか面倒で使いませんでした


申し訳程度に火武器装備させてリンクアタックでもさせようかと思ったが、バハムートの関係で結局入る余地なくて使わなかったです。



以上








【男女関係】恋愛相談の板挟みは実際ウザい【理想と現実】

恋バナと言えば聞こえはいいが、私と言うそれなりに社会経験も長く、かつ家庭も持っておりそこで幸せを感じている人間には非常にどうでもいい話だったりする。


詳細は言えないが、私が可愛がっている後輩女子がいる。
少しゆるくおバカさんな所があるが、周囲に気を使えるいい子だ。


対して彼女と5年付き合っており、現在同棲しているカレシ。
彼は私の仕事上の部下であり、つまりカップルのどちらとも面識も付き合いもあるのだ。


人間はどうしても情で贔屓してしまう生き物だから、このカップルの二人のそれぞれどの程度の肩入れをしてしまうかと言えば、7:3で彼女の方になる。


まあ私の妻も彼女を気に入っているし、一緒に呑んでいても会話に男女の面倒臭いそれが入らない気持ちのいい女性であるから私も気に入っている。


でもまぁ部下の男も仕事では非常に信頼しているから特に何か嫌な感情を持っている訳ではない。
ただ単純に知り合ったのが彼女が先であり、付き合っている期間が長い事が一番の理由だろうか?


では本題。


時に喧嘩をしつつも、いずれはこの二人、私は結婚するのだろうと思っていた。
妻もそう思っていたし、彼女もそう思っていただろう。


でも先ごろ、いつも用事があれば妻帯者であるからと気を使い、妻経由で食事等を誘ってくる彼女が、珍しく私に直接電話をしてきた。


丁度その日の仕事が終わった頃合いだった私は首をかしげつつも電話に出た。
彼女はいつもの活発な様子は鳴りを潜めており、くぐもった声で「お兄さん、助けてください……」と涙声で言った。


何やらあったらしい。
単純に心配だと思った私は、電話では話辛そうにしている彼女をとある料理屋に誘った。
仕事でも妻との食事でもよく利用している中華料理屋で、個室があるのでひそひそ話に丁度いいのだ。


その後店で聞いた話の内容は、彼との同棲を解消したいが、その事でこじれた。
あまつさえ優しかった彼に手をあげられ、怖くて話が出来ないので困っているという、割と重たいエピソードだ。


あーやっちゃったか。
別れ話がエスカレートして酷い口論に……とは誰だってあるだろう。
どちらに正当性があるかってのは実際カップル間では然して重要じゃない。
きっとその手の痴話げんかってやつは、どっちも悪いのだから。


問題は、それが関係性ってのに決定的に亀裂を与える事柄かどうかである。
この一点が守られているならば、カップルは、或いは夫婦はいくらだって喧嘩が出来る。
でもこの部分が侵された瞬間、一瞬で相手の事が生理的に無理となる。


この部分が彼女にとっては彼から殴られる部分なのだ。
これさえなければどんな酷い喧嘩だって好きの贔屓目で許せた。
でも彼はそこを踏み越えて彼は殴ってしまった。


実際彼女の長い髪を横にずらすと、耳の下の頬がどす黒く青あざになっていた。
いつもは色んなアレンジで髪をアップにしていた彼女が下ろしていた理由がこれだ。


喧嘩の理由は結婚だ。
互いにもうすぐ三十路を迎える。
女性には出産の難易度と言う物理的な制約があるから、出来るだけ安全に出産しようと思えば若く結婚するに越した事がない。


だから無理強いはしたくないが、出来ればそろそろ……彼女はそう考えていた。
それに普段の二人の私生活のスタイルは、聞いた限りでは割と亭主関白的な構図の夫婦のそれと違いない。


互いに仕事をしているにも関わらず、家事は全て彼女がしており、あまつさえ愛妻弁当を毎日彼に持たせている。
職場のランチの時に私は彼の弁当を何度も見ているが、きちんと栄養バランスが考慮された献立だったな。


小さな不満は前からあったという。
こういう料理を当たり前に作ってはいるが、作る本人は色んな料理本を参考にしたりと頭を捻っているのだ。
けれど彼はほとんど「うまい」とも「作ってくれてありがとう」とも言わず、スマホをながめながら夕食を喰うという。


毎朝出社前に洗濯をしたYシャツにアイロンがかかっていないと「何をやっているんだ」と彼は彼女をしかったという。


そう言う小さなイライラが心のオリとなって溜まっていたんだろう。
小説的に言えば伏線ってやつだ。


そしてその日、彼女は彼の誕生日だという事で、仕事が休みだった彼女は朝から出汁からきちんととった本格的欧州カレーを作ったという。


小さな可愛らしいカップケーキをいくつも作り、それを円形に並べてホールケーキに見立てたバースデーケーキも作った。
いつもは買わない様な少し高いシャンパンやプレミアムビールも準備。


後は彼がいつもの様に帰宅したら、精一杯の笑顔でハッピーバースデー!とサプライズするだけだった。


私の営む小さな会社は残業がほぼない。
何かイレギュラーがあればその限りではないが、通常運行ならばない。
その日にイレギュラーは無かったし、彼は定時で帰っている。


でも彼はその日帰宅したのは23時過ぎだった様だ。
そして待ち疲れた彼女は少し落ち込んだまま彼を迎えた。


どこ行ってたの? そう聞いたらしいが、彼は友人と呑んで遅くなったと言い、そのままシャワーを浴びる為に彼女の前を素通りした。
その瞬間、彼女は普段嗅いだ事の無いオーデコロンの香りが鼻についたと言う。


そこで彼女は腹が立った。
アンタの誕生日だっていうから料理も準備して待ってたのに、遅くなるなら連絡くらいしてよ!
そんな事を言ったが、彼は「あーすまん」とだけ返したという。


その返事が気にいらず、彼女の怒りはエスカレートし、この香りは何よと畳みかけた。
彼の返事はしどろもどろ。
連絡しないだけにとどまらず、浮気でもしてきたのか! そう思ったらしい。


それは結局浮気では無く、こっそり通っていたキャバクラだったらしいが。
そして2人の喧嘩はどんどんエスカレートしていき、最終的に貴方は結婚を考えたりするの? という所まで踏み込んだ。


その最中には今までの彼の普段からの生活の中で自分に感謝を見せない事が改めて思い出され、余計怒りはヒートアップしたらしい。
気持ちは理解できるけれどね。
私もよく料理を妻に振舞うが、せめて美味いか不味いかくらいのリアクションは欲しいし。


彼は彼女を愛しているし、いずれはしようとは考えていたと言った。
ただ冷静では無い彼女はいずれとはいつなのかと畳みかける。
深酒で眠い彼は苛立ちながらいずれはいずれだと怒鳴った。


それで完全にキレた彼女は、今までの不満をブチまけた訳だ。
ただしそれらは冷静に聞くと全て彼女に正当性のある事なのだ。
悪いが贔屓目差し引いたとしても、彼はあまりに怠惰が過ぎた。


親しき中にも礼儀あり、なんて言うが、親しいからこそ気を使うべきだと私は思っている。
むしろ肉親の様に血の濃い関係だと余計にそれは顕著で、近しい人間関係がこじれると、他人以上に厄介だからな。


当たり前だ。他人なら明日から一切かかわらなければ済むだけなのだから。
だが肉親、夫婦関係、それに準ずるカップル、これらはそうはいかない。
別れるにしてもかなりエネルギーを使うのだ。
ついでに言えば金銭的リスクも生じる。
面倒臭い事きわまりないのだ。


だからこそ普段から気を使うべき場所は気を使わなければならない。
その部分を彼は怠けていた。
この場合だって、遅くなってごめん、夕食は入れて来たけどケーキだけは貰うよとでも言えば拗れなかっただろう。


どっちが正しいかじゃなく、どこに気持ちを割くべきかなのだから男女関係は。
そうして拗れた結果、互いに言わなくていい事まで全部ぶちまける事になった。
そして言われて都合の悪い事の多い彼は最終的に言い返せない程に追い込まれ、結果彼は彼女を殴った。


一発殴ると関を切ったように乱暴になり、結構洒落になってないレベルで殴る蹴るをした様だ。


私はまず、彼女の話をすべて聞き、落ち着かせてから自宅に連れ帰った。
そして妻に事情を話し、同性だから出来る深い話を任せた。
暫く落ち着くまで泊まっていけばいいと許可を出して。


そして部下の男にやんわりと事情を知っている事を匂わせた上で、今日は妻が面倒を見るから泊まらせるよと連絡し、明日の晩食事に行こうと誘った。


その後私は彼の意見も聞いた訳だ。
関わったからには最後までやらねばフェアじゃない。
非常に面倒臭いけれども。


その後彼女は暫くうちに寝泊まりし、時間をかけて二人は話し合いを持った。
私か妻、どちらかがいる状態で。
話し合いは平行線を辿る。


彼は別れたくない。
彼女は別れたい。
僕は好きだ。
私は顔も見たくない。


結果、一か月程かかって2人は別れた。
部下は会社を辞めて田舎に帰った。
参ったな。
仕方ないけれど。


多分、どっちも悪かったんだろう。
彼が悪いのは明白だけれども、彼女だってもっと前に何か出来たと思わなくもない。
私は当事者じゃあないから、そこは何も言う権利もないし、言うべきでもないから口に出したりはしなかったが。


私も妻も、彼女も彼も。
これを読んでしまった奇特なアナタも。
誰だって恋愛の入り口は愉しい。


キスをするだけでドキドキしたり、デートで何をするかで眠れ無くなったり。
セックスをするたびに全能感に包まれ、相手と溶け合った様な満足感を抱いてみたり。


でもやはり人間は慣れる生き物で、それらの特別だった出来事はいつしかアタリマエに変わってしまう。


何かの映画でこんなセリフを聞いた気がする。


「恋って物は勢いよく燃え上がる物で、愛とはそれが燃え尽きた後の灰なのだ」


何ともシンプルな言葉だが、言い得て妙って気がする。
ただ付け加えるなら、灰では無く、熾火だとは思うが。
派手な炎は消えてしまったが、静かに、でもきちんと燃えている。
それが愛じゃないとあまりに救いがないじゃない。


まあ私の持論はさておき、この慣れてしまった状態の2人の関係で、彼らはもう戻れない場所に来てしまっただけ。


退社する事にきめた彼に私は送別会を開き差しで呑んだ。
彼は遠い目をしながら、好きだったのにな、としみじみと語った。
そして社長、女って怖いですねとも。


女が怖いんじゃない。
女は現実の怖さを知っているだけなんだよ。
男はいつまでも夢を見る事で逃避できるけれど、女性はそうはいかないんだ。
そう思ったけれど、結局は言わなかった。
ただ向こうでも元気でやれよと少し高い酒を奢った。


最後にひとつ言葉を引用する。
うろ覚えだから正確じゃないかもだけど。
これは矢沢永吉さんの著書「成り上がり」の中で見たセリフだ。


「別れるなら、どうしてもっと前に別れてくれなかったの」


これは矢沢の最初の奥さんと離婚をする際に、奥様が言ったというセリフだ。
大スターの矢沢ならば、年を少しばかり重ねようが簡単にまた恋が出来る。
でも奥様は一般人であり、矢沢と別れたら誰も彼女の事を特別視なんかしないだろう。
それゆえの女性視点での強烈な一言だ。


女性は決してリアリストなだけじゃないんです。
多分、きっと、男以上に必死に生きなきゃいけない世の中なんでしょう。


さりとて、恋愛相談は非常に面倒臭いのです、と思う今日この頃なのです。