朧月夜のとりあえずヤってみよう

版権作品の二次創作がメイン。小説サイトに投稿するまでもない作品をチラ裏感覚で投稿します。

二次小説インデックス

原作:ガールズ&パンツァー


タイトル:俺と君の間にある壁の上で一緒にリートを奏でよう


あらすじ:一般家庭に産まれた吉岡啓二はひょんなきっかけからフランスパンに憑りつかれ、衝動のまま渡仏すると現地のパン屋で修行をしてパン職人になった。
帰国した彼を待っていたのは大好きだった祖父の死。奇しくも祖父は地元密着型のパン屋を営んでおり、その店を啓二に譲ると遺言を残していた。
母親に言われ祖父の家がある熊本へと彼は向かった。


そして祖父の店を継ぐことを決めた啓二は、店で使う食材を仕入れる先の場所でとある少女と出会った。
真面目で融通が利かず不器用で頑固、だが誰よりも優しい彼女を知り、啓二は随分と年下である彼女への想いに気が付く。


年齢、家柄、空回りする気持ち。
2人の間に立ちはだかる社会的な常識という名の壁。
それを壊す事は果たして可能なのだろうか?


※ハーメルン様にはガルパン恋愛モノでかなり秀逸な作品があります。
私が知っている物ではダージリン、カチューシャとのカップリングの話ですね。
これらに共通する素敵なポイントとしては、極力原作の雰囲気を維持しつつ、そこに不自然にならない様な恋愛を盛り込んでいる所。


ぶっちゃけそれらに触発されて書きたくなった。
プロットはフィナーレまでありますが、書ききるかはまた別の話。
毎日決まった量を書ける職人モノカキ村上春樹先生の足元にも及ばない怠惰な人間なので。


第一話:http://hazymoon.muragon.com/entry/11.html


第二話:http://hazymoon.muragon.com/entry/12.html



原作:Fate/ Grand Order


タイトル:TSして藤丸立夏になった男だが、好き勝手にやってたら某ぐだ子みたいになってた件


あらすじ:1人の一般的サラリーマンが不思議な場所に誘われる。そこに待ち受けていたのは白いローブの青年。青年は己を魔術師だと名乗り、1人の女の子を救えと言う。
非日常な景色、異次元とも思えるそこで、サラリーマンは困惑する。
しかしこれは決定であった。それは青年か、或いは世界の。
結果、男は魔術師の手によりどこかの世界へと飛ばされた。


その先で男は女になった。藤丸立夏という日本人の少女に。
男は性別への苦悩と戦いながらどうにか自分に折り合いを付けたが、しかし世界はそんな彼女に優しくは無かった。
有無を言わさずに運命という名の呪いは彼女を飲み込む。
しかし彼女は非力な自分のまま、その呪いに抗う。
1人の少女を笑顔にしたい、ただそれだけのちっぽけな動機で。


2人を待つ運命は如何なるものなりや?


と、大層な事を書いてはみたが、変態紳士の男がFGO世界にTS転生憑依モノ。
とは言えコメディ要素は殆どなく、チートも特殊能力も無い一般人がぐだ子の立場になったらどんな目に遭うか、そんなシミュレーション小説っぽいナニカ。


第一話:https://hazymoon.muragon.com/entry/1.html


第二話:https://hazymoon.muragon.com/entry/2.html


第三話:https://hazymoon.muragon.com/entry/3.html


第四話:http://hazymoon.muragon.com/entry/6.html


第五話:http://hazymoon.muragon.com/entry/14.html

花の慶次を久しぶりに読んで思った事

漫画の「花の慶次」を久しぶりに読んだ。


きっかけは髪を切りに行きつけの理容室に行った際に物凄く混んでいたからです。


その理容室はオーナーが漫画好きなのか、待合室には少年漫画が大量に置いてある。


たぶん大手週刊誌月刊誌から刊行された単行本はほぼ全て網羅されているんじゃないかしら。


とは言え普段あまり漫画を読まない私ですが、この時は2時間待ちくらいの勢いだったので、何となく目の前の本棚にあったのを手に取った訳です。


それが花の慶次。


で、読んではみたんだけど、京都にいるくらいまでは面白いんだ普通に。


まあ原哲夫の作品であるし、北斗マニアな自分としても読みやすいってのはあるけれど。


でもね、琉球編でやっぱり面白くなくなってしまった。


まあ私、この花の慶次の漫画以前に、この原作にあたる小説「一夢庵風流記」って作品とその作者が書いた他作品が大好きな訳。


作家の名前は隆慶一郎と言い、代表作は「影武者徳川家康」とかですかね。


彼の作品では宮本武蔵に育てられた捨て子の男が吉原で柳生一族と暗闘を繰り返しながら総名主になる「吉原御免状」


上記の影武者徳川家康、それに後水尾天皇の事を描いた「花の火の帝」という作品があり、それぞれ全てが関連した設定を用いている。


共通しているのは、吉原という遊郭の名主の存在と、徳川家康は実は関ケ原で早々に戦死しており、東軍の士気を下げる訳にいかぬと幕僚たちが家康にうりふたつの影武者である”世良田二郎三郎」を家康としてたてて行くと言う流れ。


慶次は関ヶ原の随分前の人間であるが、道々の輩として作品内で描かれている流浪の民たちと交流し、これを助けている。
吉原の名主はこの一族だ。


つまり戦国時代初期から江戸時代初期までの一連の史実を、隆慶一郎視点で痛快娯楽時代劇に仕立て上げ、その枝葉枝葉でいくつもの作品を産みだしたと言う訳だ。


なので結局私は最初に手にした吉原御免状を読んだ後、全ての関連作品を読む事になった。


もっとも、色々と面白くなってきた所で作者が亡くなってしまい未完となった「花と火の帝」は本当に残念ですが……。



話しを戻します。


つまり原作が大好きな私から見れば、マンガ花の慶次の琉球編などつじつまの合わない謎の話なわけですよ。


だってね


そもそもこれは、秀吉の朝鮮出兵をなんとか止めたい石田三成が、傾奇者の前田慶次ならどうせきちんと見聞なんか出来ないだろうし、結果酷い報告が上がり、関白を止めるための材料になるって魂胆で慶次を朝鮮に送った話しなんだよ。


これは史実の朝鮮出兵にからめた話であり、帰ってきた慶次が三成の思惑には乗らず、されど三成を落とす事無く関白を満足させたってエピソードの伏線でもある訳だよ。


でもこれが琉球で? 


イスパニアが襲ってきて?


何の話やねん。


その後戻って原作の流れに強引につじつま合わせるんだけど、間抜けにも程がある。


でもこれはさ、別に原哲夫が悪い訳でもシナリオ担当の麻生さんが悪い訳でもないんだな。


単純に集英社の編集サイドが、当時歴史認識で揉めていた教科書問題もからめ、韓国とかに配慮しましょ的なクソ間抜けな采配したからに過ぎないんだわ。


いやね、色々あると思うよ。


基本的に小説ってのはさ、特に時代小説は当時の風俗とか風習を重視するからさ?


現代では差別用語と言われている言葉が大量に出て来たりするからさ。


例えば座頭市でめくらの按摩とかさ?


でもそれは、作者が作品を通して誰かを扇動したいがためのプロパガンダをやりたくてそう書いた訳じゃあない。


単純にその現場では当たり前に「このめくら野郎が!」とか言ってるんだろうよってだけ。


きっとその人物が後に違う常識に触れて、めくらは盲目の人が可哀想ってなれば言わなくなるんだろうよ。


私も子供の頃に住んでいた団地では、低所得者の団地って事もあり、身体障碍者が山ほどいたし、それを親たちは「あそこのカタワの家はいつもうるせえなあ」なんて会話してたよ。


それの是非が云々って事じゃ無くてさ、そう言う文化の中のシーンをフィクション作品で描く場合、そう言うセリフが出るのは仕方ないって話しでさ。



まあ何を言いたいかと言えば


集英社は本を出す企業なんだからさ、表現の自由って言葉をもっと勉強した方がいいよって話。


まあエース編あたりでワンピを切った以降、私はジャンプ作品を一切見なくなったのでどうでもいいのだけど――――。


まああれよ。


変な改変というか、娯楽作品に政治を持ち込むなって事。


そうせざるを得ないなら、原作冒涜になるからそもそもその作品を漫画化するなよサルゥ!?


あとジャンプ漫画は長すぎ。


童貞は遅漏を男のアッピルポイントと勘違いしているが、遅漏って女から一番嫌われるからね。


適度な時間で同時にフィニッシュできて、回数出来る方が女は喜ぶから。


たぶんこれ、漫画も一緒。


拡げた風呂敷をいい塩梅できちんと畳んでフィニッシュ。


これよ理想は。


まあそういうこと

ワールドカップ開幕間近ですな

割と世の中を斜に見てしまう性癖があるから尚更、正直今回のWCには一切期待していない。


だって良くなるビジョンが見えないもの。


一番の理由はやはり監督交代何だと思うけどね個人的に。


あの人が良いか悪いかはこの際どうでもいい。


それよりも西野というか日本人監督に何が出来んのってのがねえ。


結局のところサッカーの指揮官の良し悪しってのは、どれだけ高いレベルのサッカーに触れていたかに尽きると思うのよね。


レベルが高いサッカー=テクニックじゃないんだよねこの場合。


周囲の環境とかサポーターのプレッシャーとか、ようは緊張感がどれだけ高い中で、どれだけの結果が残せたかって意味。


ナショナルチームでも、クラブチームでもいいんだけど、トップリーグとかトップレベルの国ってのは例外なく負けたらやばい。


ベッカムクラスでも国に帰るのを躊躇するレベルというか。


戦犯に対して、ガチで罰を求めるのが普通なんだよな。


だから必然的に、勝つという結果を至上とする訳でさ。


いくらメッシが凄かろうと、クソみたいなプレイをすればクソみたいな批判を容赦なく浴びせるのがバルサのサポーターだしさ。


過去の名声がどれほどあっても、現在進行形でチームにマイナスを与える選手や監督は攻撃される。


その中で結果を残し続ける事って並大抵の事じゃない訳だ。


翻って日本。


無様なプレイをしようが、責められてもたかがしれている。


スポーツ・マスコミの報道や記事を見ていても、どこか第三者的位置からの言葉でしか無く、本気で監督や選手を追い込むレベルの物がどれだけあると言うのか。


今回の監督交代にしても、成績だけ見れば、WC直前に解任するほどのレベルじゃない。


あんなんで解任されるなら、Jの監督の7割がシーズン半ばで解任にならなきゃおかしい。


結局真相なんか誰もわからんのだけど、もし、選手との折り合いが悪いとかだったなら、正直選手の甘えっぷりに呆れるだけだ。


そもそもナショナルチームってのはいつも一緒にいるクラブチームとは違うんだわ。


必要な時に召集され、練習もそう長くない。


その中で求められたパフォーマンスを発揮する必要がある。


監督が戦術を決定し、そこに見合う選手をハメていくのが通常だよね。


そこにね、選手が気にいらないとか言う資格ないんだわ。


むしろ与えられた役割をこなせない段階で無能って証明なわけ。


これが例えば、WCまであと2年とかのタイミングならいいんだわ。


監督交代しようが、一応監督が求める戦術が浸透する期間はあるのだから。


でも今回はそうじゃない。


オリンピック期間に入ってから突如合同チームになった北朝鮮と韓国みたいなもんで、どう足掻いてもまともなパフォーマンスが残せなかったじゃん。


今回の騒動も、言うなればサッカー協会とその周囲のお粗末な御家騒動みたいなもんでさ、どこがコリアン連中のケースと違うと言うのか。


だいたいだよ


海外組とか言う連中でトップリーグでまともに試合でてるのどれだけいるのさ。


最近の練習試合では本田圭佑がトップ下?


あいつにそもそもトップ下の適性ないよ。


じゃトップレベルのナショナルチームのトップ下に据えられる選手の名前あげて比べて見ろよ。


あいつにゃトップ下の仕事出来ないってよく分かるから。


キープ力にはある程度定評があるのは認める。


でも決定力が無さすぎる。


トップ下ってパサーでもあるけど、フィニッシャーでもある訳だ。


あいつはスピードも鈍足だし、色々足りてないんだよ。


正直いまのチーム事情で、4-2-3-1のシステムは一切機能しないと思う。



俺は小学校の時に日本にワールドカップを誘致しようって署名活動をやって、自分もサッカーをやりながら大人になり、2002年に夢がかなった! と思ったら、まさかの韓国とか言う国に横やりいれられての合同開催となり絶望し、その後は自身もサッカーをやめ、観戦するだけのサポーターになってしまったけど、やっぱ日本にはWCで活躍してほしいと思っている。


でもなあ、好きだからこそムカつくんだよね。


単純な力量以外のとこでウダウダやってる今の世代って。


なので今回は仕事も忙しくてまともに観戦できないってのはあるが、日本をガチ応援して、結果胃がキリキリするのが嫌なので、贔屓のスペインが復権するのを祈りつつ、生暖かく眺めていようと思う。


せいぜい日本には無様に負けてもらい、帰国後、サポーターにはボッコボコにされたらいいと思うよ。マジで。


サポーターも甘やかすようなら、あと数十年海外レベルにゃなれんね。