朧月夜のとりあえずヤってみよう

版権作品の二次創作がメイン。小説サイトに投稿するまでもない作品をチラ裏感覚で投稿します。

二次小説インデックス

原作:ガールズ&パンツァー


タイトル:俺と君の間にある壁の上で一緒にリートを奏でよう


あらすじ:一般家庭に産まれた吉岡啓二はひょんなきっかけからフランスパンに憑りつかれ、衝動のまま渡仏すると現地のパン屋で修行をしてパン職人になった。
帰国した彼を待っていたのは大好きだった祖父の死。奇しくも祖父は地元密着型のパン屋を営んでおり、その店を啓二に譲ると遺言を残していた。
母親に言われ祖父の家がある熊本へと彼は向かった。


そして祖父の店を継ぐことを決めた啓二は、店で使う食材を仕入れる先の場所でとある少女と出会った。
真面目で融通が利かず不器用で頑固、だが誰よりも優しい彼女を知り、啓二は随分と年下である彼女への想いに気が付く。


年齢、家柄、空回りする気持ち。
2人の間に立ちはだかる社会的な常識という名の壁。
それを壊す事は果たして可能なのだろうか?


※ハーメルン様にはガルパン恋愛モノでかなり秀逸な作品があります。
私が知っている物ではダージリン、カチューシャとのカップリングの話ですね。
これらに共通する素敵なポイントとしては、極力原作の雰囲気を維持しつつ、そこに不自然にならない様な恋愛を盛り込んでいる所。


ぶっちゃけそれらに触発されて書きたくなった。
プロットはフィナーレまでありますが、書ききるかはまた別の話。
毎日決まった量を書ける職人モノカキ村上春樹先生の足元にも及ばない怠惰な人間なので。


第一話:http://hazymoon.muragon.com/entry/11.html


第二話:http://hazymoon.muragon.com/entry/12.html



原作:Fate/ Grand Order


タイトル:TSして藤丸立夏になった男だが、好き勝手にやってたら某ぐだ子みたいになってた件


あらすじ:1人の一般的サラリーマンが不思議な場所に誘われる。そこに待ち受けていたのは白いローブの青年。青年は己を魔術師だと名乗り、1人の女の子を救えと言う。
非日常な景色、異次元とも思えるそこで、サラリーマンは困惑する。
しかしこれは決定であった。それは青年か、或いは世界の。
結果、男は魔術師の手によりどこかの世界へと飛ばされた。


その先で男は女になった。藤丸立夏という日本人の少女に。
男は性別への苦悩と戦いながらどうにか自分に折り合いを付けたが、しかし世界はそんな彼女に優しくは無かった。
有無を言わさずに運命という名の呪いは彼女を飲み込む。
しかし彼女は非力な自分のまま、その呪いに抗う。
1人の少女を笑顔にしたい、ただそれだけのちっぽけな動機で。


2人を待つ運命は如何なるものなりや?


と、大層な事を書いてはみたが、変態紳士の男がFGO世界にTS転生憑依モノ。
とは言えコメディ要素は殆どなく、チートも特殊能力も無い一般人がぐだ子の立場になったらどんな目に遭うか、そんなシミュレーション小説っぽいナニカ。


第一話:https://hazymoon.muragon.com/entry/1.html


第二話:https://hazymoon.muragon.com/entry/2.html


第三話:https://hazymoon.muragon.com/entry/3.html


第四話:http://hazymoon.muragon.com/entry/6.html


第五話:http://hazymoon.muragon.com/entry/14.html

荒れる精神! 私が英霊ならきっとバーサーカー(日記です)

個人的に去年の秋ごろから現在に至るまでの期間は、根拠は無いけど人生最大の厄日だった。


簡単に言うと、季節外れのインフルで10日入院からスタートし、身内の不幸が4人、停車中の車に乗っていて追突され納車半月の新車が全損からの、事故由来の腰痛で数か月日常生活に支障をきたす。信頼していた従業員がまさかの産休からの退社、そして最後が現在の良性主要の切除での入院。


これだけの出来事がほんの1年以内に全部起こった。
神道的にも厄年とかには該当していない。
まあ無神論者だから関係ないけどさ。
つまり結構しんどい。


こういう状況だと仕事のスケジュールもタイトになりがちで、本来楽したくて起業したはずが、常にブラック企業なみに働く事になる。
と言っても自分の入院でリタイヤしていた期間のしわ寄せなので自業自得なんだけどね。


そうするととにかく集中力が続かなくなる。多分軽いうつでも発症しているのでは? とか思うけどね。まだ睡眠が出来るだけマシだろう。
ただあれだけ好きだった本が最後まで読めなくなり、TVやラジオも速攻飽きる。
暇さえあればのめり込んでいたTPSもやれなくなった。


何というか日々こなさなければいけない最低限の事をするだけで疲れちゃうのだ。
結果、ストレスの捌け口である小説を書いたりも出来なくなった。
実は入院中にも書いてたんだ。マックの新しいの買ったし、せっかくだからと持ち込んでね。


書いたのはオリジナル現代小説とお決まりの二次創作。
途中でブン投げている作品も多いしね。


私が執筆するのは主に「小説家になろう」さんでやっている。
多分なろうで投稿する事は絶対に無いのだけど、なろうは執筆環境はいいんだよね。
文字数がどの程度かの管理もしやすいし。
ごめんねなろうさん。使うばっかりで貢献はできなくて。


で、入院中書いた小説の文字数の総数をカウントしてみると、なんと35万字。
ちょっとした作品なら完結しているよね。


でもこれは、新しい作品のプロローグから数話で次の作品に行ってるんだ。
要は、アイデアが沸いてプロット組んで、さあ執筆! でも3万字弱くらいで推敲すると、なにこれクソつまらんって思って書けなくなる。


多分これも小説が読めません病とおんなじなんだろね。
集中力が続かないやーつ。


後はあれだね てにおは がおかしい。
プロット組む割に、自分の執筆方法って憑依型なんだよね。
モチベがあれば怒涛の様に書いちゃうノリの作家だねきっと。
毎日必ずノルマ分を執筆し、生活リズムに組み込む村上春樹はほんと神だと思うわ。


だもんで勢いで2万字ほど書くんだけど、最近の精神状況のせいか、言葉の重複や誤字脱字、内容を詰め込み過ぎて時系列が支離滅裂と散々である。
ほんとにオナニーで書いてるって感じだよね。
後はとにかく描写が重い。
ラノベの二次小説書いているのに、どう見ても柴田錬三郎になってるんや。
ライトノベルって俺は絶対かけねーわ。


まあこれらの書き散らかしたやーつがいずれ、気が向けばきちんとして人目に出したくはあるけど、今は無理ですな。


では本題。


入院をきっかけにスマホやiPadの中のアプリを整理した。
アンインストールしたゲームは驚きの20タイトル。
ログインだけしてたのもあれば、割とちゃんとやってるのもある。
それぞれにそれなりに課金もしているけど、急に興味が失せたんだよね。


最終的に残したのはFGO、FFBE、デレステ、パズドラの4タイトル。
パズドラはサービス開始からやってて、2年前からログインだけして、降臨がくれば石だけ回収してる。
デレステは数十万の課金の果てに集めたアイドルを消すのが忍びないので残した。


なのでFGOとFFBEは今後もやるつもりで残ったのね。


BEは周囲にユーザーいないけど、やっぱ懐古厨のオッサン的にはドットのFFキャラってやっぱ好きなのよね。
FFRKもドットだけど、あれはゲーム自体が大味過ぎて好きになれなかった。


で、FGOなんだけど、正直2部のストーリーがどうやっても好きになれないので、FGOはストーリーが売りってキャッチコピーを聞くと、ネットスラングを話し、ぐだーずに無条件に好きになる英霊祭りなんてクソじゃって実はFGO自体にうんざりはしてるんだよね。


でもムカつくからこそ、冷静に考える事は出来た。
なんでFGOがこんなに売れているのかって。


まあストーリーが良いってのはどうやっても賛同できないけどさ。


で色々考えた結果、実はゲームとしてのバランスは良いのでは? って事。


いやね、最近の中華パクリゲーを筆頭に売り上げの高いゲームとかさ、スターオーシャンとかもそうだけど、最高レアキャラを何枚も重ねる前提みたいなゲーム多くない?


キャラ育成でレベルマにしても、例えば共闘みたいなのがあると他人の同じキャラが別キャラレベルで強かったりとかね。
なのでプレイヤースキルとか関係ないとこで差がついちゃう。
これって結局、ゲーム云々とかじゃなくて、射幸心煽ってガチャ引かせるってだけなんだよね。


いわば挿絵が凄い可愛いけど中身がガキの作文レベルのラノベみたいな。


そう言うのを前提にFGOを考えてみる。


FGOは割と育成が苦行で、せっかくの限定キャラを引いても、育成素材がストーリーをかなり進めないと手に入らないとかザラだ。
最近だとスカサハスカディがそうだったけども。
じゃあイベントで拾おうと思っても、そのイベント自体ストーリーの進捗で足切りがあるので結局は一緒。


でもね、きちんとこれには救済があった。
例えばキャメロットのガウェイン戦。
ここ初見じゃ苦労する。


ギフトとか言うチートのせいでね。
ただガウェインは男性サーヴァントだから、男性特攻のありクラス相性も良いオリオンという星5が有効だ。
宝具打てばかなり楽に立ち回れる。


でも新規マスターが運よくオリオンを引けるかって話しでさ。
PU来てなきゃガチャから出ないからね。
お月見イベが復刻とか来ないとねえ。


じゃそれで新規は詰むかと言ったらそうじゃない。
フレンドガチャから出る星3アーチャーのエウリュアレを育てればオリオンの代用が出来る。
彼女も男性特攻持ちだからね。
それにフレポガチャだから割と簡単に宝具凸が出来るのもデカい。


宝具重なっていないオリオンより、凸エウリュアレの方が強いよ。
だから低レア育てるって選択も妥協ではなく常套手段としてアリなんだよ。
マーリン持ってなくてもダビデで全体に無敵を撒けるし、マシュの引きつけ&単体無敵を組み合わせば耐久も可能だ。


攻略サイトのテンプレをコピぺで使うのもありだが、こうやって所持鯖の保有スキルを吟味し、試行錯誤も実は楽しいのがFGOだ。


なにより、宝具が重なれば当然宝具の効果もあがるんだけど、じゃあダメージが数倍になるかってレベルでも無い。
無くても運用できるけど、あったらちょっと便利なのがFGOの宝具重ねなんだね。
だから極論、必須じゃあない。


だからある程度やり込めるなら、あるラインまで育成が進むと、他のユーザーとそう変わらない効率でプレイが出来るんだね。
これは実は凄いいいバランスなんだと改めて思った。


つまりだよ? 連続ログインとか無視してもいいんだよ。
各クラスの全体宝具、単体宝具、サポート鯖のスキル上げ、これらがある程度終わっているなら、別に半年放置してから復帰しても問題無いのがFGO。


このね、上位レア鯖の穴埋めを低レアでも出来るってのが一番のミソなんだよね。
今は聖杯をあげるとたとえ星1でもレベル100にできるしさ。
この自分が好きな英霊を贔屓しますってのが出来るのも嬉しいよね。
艦これのケッコンカッコカリもこのノリでしょ。


まあFGOの場合は、宝具ダメージを計算して、例えば戦術的にバニヤンに聖杯をあげるってのもアリだしね。
これは人それぞれだ。なのでこれも必須じゃない。


因みにうちはレベル100は初期鯖のヘラクレス、宝具4になったアンリマユ、CCCコラボで配付されたBBの3人に宝具をささげた。
困った時の絆ヘラ、頼光で5万円爆死してむしゃくしゃして100にしたアンリマユ、型月作品とおして一番股間に来るBB、どれも後悔していません。
因みにヘラは星4フォウもマックスです。
次の真フォウマはオジマンディアスに捧げてるけどね、ホモじゃないけど可愛すぎでしょファラオ。


まーつまるところ、FGOはトータルすると育成は実は辛くない。
なぜか、育ち切ればその後は楽になるから。


他ゲーがクソなのは、課金の果てにアホみたいな数重ねても、数か月しないで産廃になるとこ。


これを比較してみると、色々なアラはあるけれど、実はFGOは良ゲーなんだという結論なのさ。


まあアレをFateって呼ぶのは嫌だけどね。


FGOの近況としては、ギル祭で150箱頑張ったこと。
その結果、またもや伝承が枯渇したこと。
メカエリちゃんが二人になってご満悦な事。


まあ今後もFGOはぼちぼちやっていこうと思います。


とりあえずは暗黒期を抜けて色々な趣味をまたやれる様になりたワタクシであります。

花の慶次を久しぶりに読んで思った事

漫画の「花の慶次」を久しぶりに読んだ。


きっかけは髪を切りに行きつけの理容室に行った際に物凄く混んでいたからです。


その理容室はオーナーが漫画好きなのか、待合室には少年漫画が大量に置いてある。


たぶん大手週刊誌月刊誌から刊行された単行本はほぼ全て網羅されているんじゃないかしら。


とは言え普段あまり漫画を読まない私ですが、この時は2時間待ちくらいの勢いだったので、何となく目の前の本棚にあったのを手に取った訳です。


それが花の慶次。


で、読んではみたんだけど、京都にいるくらいまでは面白いんだ普通に。


まあ原哲夫の作品であるし、北斗マニアな自分としても読みやすいってのはあるけれど。


でもね、琉球編でやっぱり面白くなくなってしまった。


まあ私、この花の慶次の漫画以前に、この原作にあたる小説「一夢庵風流記」って作品とその作者が書いた他作品が大好きな訳。


作家の名前は隆慶一郎と言い、代表作は「影武者徳川家康」とかですかね。


彼の作品では宮本武蔵に育てられた捨て子の男が吉原で柳生一族と暗闘を繰り返しながら総名主になる「吉原御免状」


上記の影武者徳川家康、それに後水尾天皇の事を描いた「花の火の帝」という作品があり、それぞれ全てが関連した設定を用いている。


共通しているのは、吉原という遊郭の名主の存在と、徳川家康は実は関ケ原で早々に戦死しており、東軍の士気を下げる訳にいかぬと幕僚たちが家康にうりふたつの影武者である”世良田二郎三郎」を家康としてたてて行くと言う流れ。


慶次は関ヶ原の随分前の人間であるが、道々の輩として作品内で描かれている流浪の民たちと交流し、これを助けている。
吉原の名主はこの一族だ。


つまり戦国時代初期から江戸時代初期までの一連の史実を、隆慶一郎視点で痛快娯楽時代劇に仕立て上げ、その枝葉枝葉でいくつもの作品を産みだしたと言う訳だ。


なので結局私は最初に手にした吉原御免状を読んだ後、全ての関連作品を読む事になった。


もっとも、色々と面白くなってきた所で作者が亡くなってしまい未完となった「花と火の帝」は本当に残念ですが……。



話しを戻します。


つまり原作が大好きな私から見れば、マンガ花の慶次の琉球編などつじつまの合わない謎の話なわけですよ。


だってね


そもそもこれは、秀吉の朝鮮出兵をなんとか止めたい石田三成が、傾奇者の前田慶次ならどうせきちんと見聞なんか出来ないだろうし、結果酷い報告が上がり、関白を止めるための材料になるって魂胆で慶次を朝鮮に送った話しなんだよ。


これは史実の朝鮮出兵にからめた話であり、帰ってきた慶次が三成の思惑には乗らず、されど三成を落とす事無く関白を満足させたってエピソードの伏線でもある訳だよ。


でもこれが琉球で? 


イスパニアが襲ってきて?


何の話やねん。


その後戻って原作の流れに強引につじつま合わせるんだけど、間抜けにも程がある。


でもこれはさ、別に原哲夫が悪い訳でもシナリオ担当の麻生さんが悪い訳でもないんだな。


単純に集英社の編集サイドが、当時歴史認識で揉めていた教科書問題もからめ、韓国とかに配慮しましょ的なクソ間抜けな采配したからに過ぎないんだわ。


いやね、色々あると思うよ。


基本的に小説ってのはさ、特に時代小説は当時の風俗とか風習を重視するからさ?


現代では差別用語と言われている言葉が大量に出て来たりするからさ。


例えば座頭市でめくらの按摩とかさ?


でもそれは、作者が作品を通して誰かを扇動したいがためのプロパガンダをやりたくてそう書いた訳じゃあない。


単純にその現場では当たり前に「このめくら野郎が!」とか言ってるんだろうよってだけ。


きっとその人物が後に違う常識に触れて、めくらは盲目の人が可哀想ってなれば言わなくなるんだろうよ。


私も子供の頃に住んでいた団地では、低所得者の団地って事もあり、身体障碍者が山ほどいたし、それを親たちは「あそこのカタワの家はいつもうるせえなあ」なんて会話してたよ。


それの是非が云々って事じゃ無くてさ、そう言う文化の中のシーンをフィクション作品で描く場合、そう言うセリフが出るのは仕方ないって話しでさ。



まあ何を言いたいかと言えば


集英社は本を出す企業なんだからさ、表現の自由って言葉をもっと勉強した方がいいよって話。


まあエース編あたりでワンピを切った以降、私はジャンプ作品を一切見なくなったのでどうでもいいのだけど――――。


まああれよ。


変な改変というか、娯楽作品に政治を持ち込むなって事。


そうせざるを得ないなら、原作冒涜になるからそもそもその作品を漫画化するなよサルゥ!?


あとジャンプ漫画は長すぎ。


童貞は遅漏を男のアッピルポイントと勘違いしているが、遅漏って女から一番嫌われるからね。


適度な時間で同時にフィニッシュできて、回数出来る方が女は喜ぶから。


たぶんこれ、漫画も一緒。


拡げた風呂敷をいい塩梅できちんと畳んでフィニッシュ。


これよ理想は。


まあそういうこと